トレード

負けてるときのメンタルについて メモ

この記事は、個人のトレード日誌として書いてるものです。

金曜のトレード家かを書いていたんですが、気持ちの整理がつかないんで新しい記事にいます。

金曜のロンドン時間終了後になんとなくエントリーしたのが悲劇の始まりでした。

個人的には下げると思いエントリーしたんですが、チャートはどんどん上がっていき、いつものようにナンピンしていきました。

一時は下がってきたんですが、30分足のチャートを見ていたので利確することなく見過ごしてしまいました。

その後チャートはどんどん上昇していき、当日の高値を更新し続けていきました。

その時の気持ちは、「そのうち下がってくるだろう!!いつものようにナンピンしよう!!」でした。

私の経験上、ロンドンが終わってから高値の上昇は知れてるのでナンピンしまくりました。

しかし、私の意思に反してチャートはどんどん上昇していきます、、、、。

この時は「そろそろ、下がってきてくれ、まじで」って本気で思っていたし、含み損が10万からどんどん膨らんでいき20、30、40万までいきました。

ここで私は、「これ以上チャートを見てもいいことがない、ナンピンも10発入れたんでこれ以上無理や」ってなり寝ることにしました。

翌日の土曜の朝に起きてチャートを確認すると、全く下がってこずに上昇を続けていました。

含み損自体は50万を超えていました、、、、。

すでにチャートは止まってるので月曜を待つしかありません。

チャートを見ても、何でこんなに上がってるのか訳が分かりませんでしたし、ニュースとかを調べても何もわかりません。

どうやらファンダではなさそうな感じです。

エントリー後に利確タイミングがあったんで何でしなかったんだろうと後悔しています。

そして、過去のチャートを振り返り今回の動きに当てはまるものはないかと探しました。

過去チャートを見ると、大陽線の翌日に上がるチャートもあれば下がるチャートもあり、何にも参考になりません。

チャート的にはどっかで調整が入ると思うんですが、チャートに絶対は無いのである程度のところで損切りしようと思っています。

今の心境は、焦りすぎてるわけでもなくて冷静な方だと思います。

損切りラインをどこに設定しようかと思ってるんですが、前日高値が使えない以上損失額にしようかと検討中。

心のどこかで、大陰線になって爆益になるんじゃないかと期待してる部分もあるので困った感じです。

今月の収支ではまだ+なのでできる限り握ろうと思いますが、すべてはロンドン時間にかかっています。

ロンドン時間が始まる段階で上昇していけば何とかなるかもしれないし、逆に下がっているならうまく逃げないといけません。

最近で一番つらいエントリーなのでかなり慎重にチャートを見極めないといけない気がします。

一番困るのが、ロンドン時間が始まってから上昇していき、そのまま上にぶち上げていくパターンですね。

そんなチャートは見たことないので、そんなことがあればお手上げです。

ただ、今回は金曜日のニュートークタイムで大事な平行線を超えたので、みんなが上目線になった状態で、逆のショート祭りが始まる可能性も少しだけあるかなと思います。

これは過去の金曜に、ダブルトップのネックラインを下に抜けた状態で週末を迎えたことがありました。

その時に私は、月曜からショートをしたんですが踏みあげられて損切りをしたのを覚えています。

なので、今回もわずかではありますがその可能性も頭の隅に入れとこうかと思います。

個人的には損切り-30万円なら少なく済んだと思っています。

かなり隊ですが、生き残らないと意味がない世界ですからね、、、。

なにわともあれ、月曜のロンドン時間に任せます。

その前に上昇していったら損切りしますけど。

ABOUT ME
テントウ♂
テントウ♂
こんにちはテントウ♂です。 日々の思い出をブログに書いて、【①わかりやすい②少し面白い③嘘を書かない」を発信することが目的です。1日1記事を目標にあげていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください