AppleWatch4

アップルウォッチのおすすめカバーをレビュー「無難で外れ無し!!」

アップルウォッチのカバー

この記事は、アップルウォッチのカバーをレビューしたものです。

アップルウォッチを買ったものの、「傷つけたくない」と思って外に付けれないでいる人は多いと思います。

実際に私も、カバー選びでかなりの時間を使うことになりました。

見た目を変えずに、なおかつしっかりしている無難なカバーをずっと探していました。

そこで今回やっとおすすめのカバーが見つかったので、紹介していきます。

カバー選びの注意点

毎年9月に新しいシリーズが発売され、現在のアップルウォッチは「series4」まで出ています。

本体の大きさに合ったカバーを買う必要がある

ベルトに関しては、「大きいほう」と「小さいほう」の2種類しかないので、どのシリーズを買っても互換性はあるのですが、カバーはそうはいきません。

大きさが違うと入らなかったり、ぶかぶかだったりするので注意が必要です。

サイズを間違えると、使えないと思った方がいいです。

サイズは、本体の裏側に”○○MM”と書いてあって、〇のところに数字が入っています。

例えば、私の場合は”44MM”と書かれているので、44ミリのカバーを装着します。

安物の透明シリコン素材に注意!!

カバーを買うときに注意しないといけないことは、「安物買いの銭失い」になることです。

スマホのカバーもそうなんですが、透明のシリコン素材が安く売っています。

しかし、透明のシリコン素材のカバーは時間が経つとだんだんと透明感が無くなって、くすんでくるか、黄ばんできます。

それだけは絶対に避けて下さい。私が過去にやった失敗です。

透明が悪いわけではありませんが、長く使おうと思うと厳しいです。

「本来の機能が使えない」に注意!!

アップルウォッチの売りの1つは、「心拍数が測れること」だと思います。

しかし、私自身よくわかりませんが、カバーで本体を覆ってしまい心拍数が測れないカバーが存在します。

心拍数が測れると

  • 睡眠時間や睡眠の質が分かる
  • 運動中の心拍数が分かる
  • 普段の心拍数が分かる

こんなにすごい機能なのに、カバーをつけることでセンサーを覆ってしまうものがあります。

もちろん、覆ってしまえば心拍数を測る機能は使えなくなります。

このミスは絶対に避けて下さい。

心拍数を測る機能がいらない人は買ってもいいですが、厚みが増してしまうことが注意です。

おすすめのカバー紹介

個人的には、

  • シリコン素材
  • 本体が黒なので、同じ色で装着しても違和感がないやつ

を探していました。

そこで、探した結果、楽天でいい感じのを見つけて、実際にしばらく使って問題なかったので紹介します。

まずは送られてきた商品の画像です。

アップルウォッチと並べてみます。

この時は、理想通りの商品か、そうでないのか、ワクワクと不安が半分半分でした。

本体が黒なのでイメージを壊さないように黒にしました。

色は全部で4種類

  • ブラック
  • シルバー
  • ゴールド
  • ローズゴールド(ピンクゴールド)

あります。

気分転換で変えてもいいし、本体の色と合わせてもいいと思います。

ケースから本体を出してみます。

透明ではないので、時間がたった時にくすんでくることはなさそうです。

触るとこんな感じです。

少し柔らかいですが、思ったよりは固くて個人的にはしっかりしてるという印象を受けました。

グニャグニャって感じではないです。

分かりにくいかもしれませんが、耳栓くらいのグニャグニャです。

分かりにくくてすみません、、、。

では、実際に付けてみます。

着けるときは、バンドを外さないといけないので、その溝に引っかかたけど無事に装着完了です!!

ほとんど違和感なしです!!!

分かりやすいように1枚ずつ

再度ボタンを回したり押したりしないといけないので、若干余裕があります。

個人的にはほとんど気にならないですが、アイコンの画面で”ぐるぐるぐるぐる”回して、アイコンを小さくしていくぐらいはできます。

結論、十分に回せますが、カバーが付いてないときの方がよく回ります。

まずは正面から。ぱっと見てついてなさそうじゃないですか?

では、横を撮影です。

サイドボタンが暗くて分かりにくいですが、1、2ミリ隙間が空いています。

全く気にはなりませんが、参考です。

最後は裏側です。

個人的に心拍数の機能が使えなくなるのは嫌だったので開いてるやつにしました。

画像にするとかっこ悪く見えますが、実際は腕で隠れる場所なので気にしません。

腕に付けた感じです。

買った時の画像ですが、カバー有と無を並べてみます。

まずは、カバーなし。

アップルウオッチ

続いて、カバーあり。

どうですか、見た目はほとんどわからないと思います。

着けてみるとどう違うかというと、付け心地はほとんど変わりませんが、”一回り大きくなった”って感じです。

腕に当たる部分は、カバーがないので厚みは変わりません。

そして、私は保護フィルムを使わないで使っているので不通に装着できたのかもしれません。

装着は自己責任でお願いします。

それくらいぴったりフィットしている感じです。

アップルウォッチのカバーは、しばらくはこれで十分ですが、飽きてきたら色違いにも挑戦してみようかと思います。

本当に買ってよかった商品なので、迷ってる人はポチっとして下さい。

Amazonは同一商品がなかったので、ほとんど同じもので、なおかつ評価が高いやつが載せてあります。

テントウ♂

AppleWatchおすすめバンド紹介 定番~超個性までこの記事はAppleWatch方のバンドについてまとめたものです。 AppleWatchには様々なバンドが売られており、季節や気分...
ABOUT ME
テントウ♂
テントウ♂
こんにちはテントウ♂です。 日々の思い出をブログに書いて、【①わかりやすい②少し面白い③嘘を書かない」を発信することが目的です。1日1記事を目標にあげていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください