ケニア

ケニアでサファリといえば、動物天国マサイマラ国立公園で決まり!!  ~サファリ編①~

safaricar

こんにちは、テントウ♂です。

ついに、サファリ編の始まりで~す。日本からマサイ・マラ国立公園まで20時間くらい。長かったぜ!!やっとサファリができる宿まで辿り着きました。

前置きは短くして、どんどん進めていきます。今回私たちが行った場所は、マサイマラ国立公園(国立保護区)です。国立公園内の注意事項は特にないんですが、野生動物の生活を人間が覗かせてもらうって感じになっています。それを踏まえた注意点があります。

  • 動物の邪魔をしないように。車も走れるところが決まっています。(ただし、ライオンやチーターを見た時は、オフロードを走行していたので、例外あり)
  • 大きな物音を立てずに、そっと見る(こっちから近づいても、20メートルくらいは離れないといけないようです)
  • 人が車から降りるときは緊急のトイレかガイドがOKを出した場所のみ

国立公園というものの、塀で囲われているわけでもなく、砂を掘り起こしたような、ちょっとした溝で中と外が分けられてるだけです。なので、車はいけないけど、徒歩、バイクだったら自由に出入りできる感じでした。そういう場所だと思って続きを見てください。

まずは、マサイ・マラ国立公園の入り口は高速道路のゲートみたいになっており、現金と通行証の交換となります。通行証は案内人のピーターが車に貼っていました。

公園内に入ると、早速サファリの始まりです!!

早速、象の家族が道のど真ん中に。子供の象はめちゃかわいい。大きくならなかったら、ペットで飼ってもいいくらい。皮膚が固そうで、親は立派な牙をつけてます。

ガイドのピーター曰く「ここにいる象は、アフリカゾウじゃない」とのことで、アフリカゾウはもっと大きいらしい。結局何ゾウか分かりませんでしたが、大きく分けるとアフリカゾウでいいと思います。

動物優先の世界なので、象の親子がいなくなるのを写真を撮りながら静かに待ちます。

・・・・

・・・・

あっ!!   おっぱい飲み始めた!!こんな道の真ん中で・・・・かわいすぎる!!!そして、正面から撮影できたのでラッキーでした。他には、川辺で水分補給をしている象の家族も。

水分補給を済ませた後は、みんなで移動して、砂かけをしてます。

砂かけっていうのは、体についてる汚れや虫を取るため欠かせない肌のケアなんです。
皮膚が汚れると病気になってしまい、象にとっては命取りになりかねません。砂かけを始めると、何回も何回も砂を自分の体に吹きかけていました。象はとてもキレイ好きのようです。

次の写真は、サファリの中で一番接近したやつです。

車を止めていると、象の方からこっちによって来てくれました。いくら車の中から見てるよはいえ、「ノッソ、ノッソ」と近づかれるとちょっと怖かったです。ちなみにこの写真は、アイフォンで撮影してまして、ズームなしです。

でも、完全に私たちに興味を持っているようでした。近くまで近づくと、じーーーっとこっちをみてたので、しばらく目が合ってました。もしかして、僕のことを・・・・・・・・。

さて、象は地上最大の動物です。迫力満点で、ゆっくり動く姿に癒され、かわいくて仕方ありませんでした。遠くにいても目立つし、個体数も多いのでサファリに行けば何回も遭遇しますよ。ちなみに象は、早朝に山から下りてきて、夕方に山に戻ってしまうんです。なので、夕方のサファリを終えて、ロッジに帰るときに、象が山に向かって歩いていく姿も見れるんだよ。

次の動物は、ピーター曰く「ヒヒ」です。サルですね。子供を腕の中に抱え込んで、気持ちよさそうに寝ています。

・・・・Zz・・・・・

起きた!!こどもの顔もばっちり!!起きても、どこかに移動するわけでなく、ずっとその場所にいました。サルとはあまり遭遇しませんでした。

次は百獣の王ライオンです。マサイマラでサファリをするとほとんどの確率で遭遇できます。オス二匹発見です。どっしりと座っていて、タテガミもきれいですが若くは無いようでした。

同じ方向を見てるのは、♀ライオンの方向を見ているとのことでした。やはり百獣の王でと呼ばれる意味が分かります、ただ座ってるだけでも貫禄ありま・・・

あ~~あ~~。それも二匹同時に。サバンナといえど、常に緊張しているわけではないんです。それにライオンの狩りはほとんど夜に行われるから、この時間は体力温存してるんです。

次は、♀ライオンです。「ぺろぺろ」かわいいですね~みんなきれい好きですね~。ぺろぺろ

サファリ中は、動物を見ることができても、狩りをしてるところや、その後の食事をしてる姿を見ることは難しいそうです。ちなみに、ライオンで狩りをするのはメスなんです。オスは「プライド」と呼ばれる群れを守るのが仕事なんです。狩りをした肉を最初に食べるのはオスなんです。♀ライオンがペロペロと水を飲んでいました。やっぱりかわいいですね。

最後に、なんでライオンは人間を襲わないの??とピーターに聞いてみました。すると「ライオンは人間を食べたことがないから、餌という認識がないんダヨ」「一度でも食べれば、今後ライオンに近づけなくナル」と回答が。。。ヒェッ!!

次は、日本人にも大人気のキリンです。仲良さそうにこっちを見ています。後ろのゾウもかわいいです。仲良さそうに・・・・・・・

あ!!!!イチャイチャしてる!!私たちは新婚旅行、キリンも新婚さんだったのかな?それにしても偶然にしてはいいタイミングの写真です。このあともしばらくこんな感じでこっちを見ていました。なんか素敵な写真になりました。

ところで、キリンはどうやって座るか知ってますか??

シュールでしょ??一応女の子座りになるのかな~こんな感じで座るんです。前足がきつそうでめちゃくちゃ座りにくそうです。ピーター「寝るときはこの姿勢のまま、首を曲げて寝るんダヨ」と言ってました。

さらに「キリンは寝る時間が短いから、僕らでもなかなか見ることができないんダヨ」とのことです。私たちは4日暗いサファリをしましたが、結局見ることができませんでした。見れたら相当ラッキーです。なんで短いかというと、

  • 肉食動物に狙われるから
  • 葉っぱはカロリーが低く、大きな体を維持するためには、睡眠よりも食事の時間を優先しないといけないから

だからです。

サファリ編①のラストはカバちゃんです。

家族で遊びに来たようです。この写真は、ロッジの庭から撮影した写真です。庭は川と接しており、対岸は国立公園なんです。なので、象やカバが水辺にやってくるんです。考えられませんよね。

それでも、さすがサバンナ。1頭は監視役がいました。ジ~~

それ以外はというと・・・・・

ダラ~~おいっ!!!だらけすぎやろ!!って言いたくなります!!そして、かわいすぎやろ!!

監視役を信頼しきってるのか、なんかあれば目の前の川に飛び込めばいいと思ってるのか。とにかく癒されます。私は30分はカバちゃんを見ていました。のんびりした時間が流れていきます。スーーーーーピーーーー。

最後まで読んでくださってありがとうございました。長くなったので、次はサファリ編②を楽しみにして下さい。

テントウ♂

created by Rinker
エスエス製薬
¥590
(2019/08/19 21:34:39時点 Amazon調べ-詳細)

新婚旅行は、大自然と野生の動物を見に、ケニアに行こう~基礎知識・準備編~ジャンボー!!! みなさん、こんにちは、てんとう虫のテントウ♂です。 本日は、新婚旅行で、テントウ♀と行...
ケニアでサファリといえば、動物天国マサイマラ国立公園で決まり!!  ~移動編~こんにちは、テントウ♂です。 今回は、テントウ♀と一緒に行った、アフリカ東部にあるケニアでの移動編です。ま...
ハイエナ
ケニアでサファリといえば、動物天国マサイマラ国立公園で決まり!!  ~サファリ編②~こんにちは テントウ♂です。 前回に引き続き、アフリカ東部ケニア共和国でのサファリ体験を報告していきます。前回は、ゾウ、...
ケニアでサファリといえば、動物天国マサイマラ国立公園で決まり!!  ~食事編①~サファリ、サファリときて、ほかの記事も気になってますよね??ということで、今回は、ケニアでの食事を紹介しま~す。 ケニアの食事編まずは、...
ケーキ
ケニアでサファリといえば、動物天国マサイマラ国立公園で決まり!!  ~食事編②~前回の食事編に続いて今回はデザート編でーーーす!!! ケニアのデザートって想像できますか~?じゃじゃじゃじゃーーーーーーーーん!!...
バルーンサファリ
ケニアでサファリといえば、動物天国マサイマラ国立公園で決まり!!  ~バルーンサファリ編~サバンナの大草原を空から見る方法があるって???ということで今回はバルーンサファリの記事です!!! バルーンサファリ(balloon ...
ナイバシャ湖 蛇
鳥の楽園!!ケニアのナイバシャ湖での一泊を体験 ~ナイバシャ湖編~ケニアブログも終盤になってきました。思い出してる時は楽しい思い出だったんですが、今は少し寂しい気持ちに、、、。でも行くぜ!! ...
ABOUT ME
テントウ♂
テントウ♂
こんにちはテントウ♂です。 日々の思い出をブログに書いて、【①わかりやすい②少し面白い③嘘を書かない」を発信することが目的です。1日1記事を目標にあげていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください